テレビに驚く

こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


今日はとても暖かい1日でした。犬や息子の散歩をしましたが、どちらも楽しそうで何よりでした。息子も公園なんかで思い切り遊ばせてやりたいですが、こういう時期ですので散歩で我慢してくれています。『オウ!』とか『アイ!』とか、ピーチクパーチク言いながら歩いています。


緊急事態宣言が解除されたら公園に連れて行こうと思います。なので今は緊急事態宣言が一刻も早く終わるように、頑張っていきましょう。

#うちの息子のためにお願いします



=======================

久々にテレビを長く見る生活

=======================


家で過ごす時間が長くなり、必然的にテレビを見ている時間が長くなりました。昼間なのでワイドショーやら報道番組やらが流れていて、見ているような見ていないような感じで見ていますが、最近のテレビには少し驚かされます。


ネットにメディアの王様の椅子を取られて久しいからか、グッとクオリティが落ちてしまったように思えます。罪に大小は無いのかもしれませんが、一般人の万引きがニュースになったり、政治家の発言の一部だけを切り取って視聴者を煽ったり、『え、今時そんなことやってるの?』みたいな番組の作り方に見えてしまいます。


驚きの極めつけはCMです。今日の話ですが、成人式用の振袖のCMが既に成人式終わって3日経っているのに流れていたり、USJでオープン延期となったマリオエリアのCMが元々の開催日のまま流れていたり、一般人である自分ですら『大丈夫?』と心配になってしまいます。いつからこれらのCMが流れされるのが予定されていたのか分かりませんが、テレビ局が機敏な対応が出来ないのか、出稿企業側からテレビが重んじられていないから修正されないのか、何にせよ驚きです。


昔ほどの規模感はないにしろ、バラエティは相変わらず面白かったりしますし、小さい時から見てきたのでテレビは好きなんですが、近い未来テレビは崩壊してしまうのかなーと、今日の様子を見て憂いてしまいました。小さい頃はテレビがこんな風になるなんて予想できていませんでしたが、盛者必衰と言いますか諸行無常と言いますか、やっぱり現世に安住の地は無いんだなと改めて思い知らされます。


(なんでもお寺に結びつけてしまいますが)そう考えるとお寺だって同じです。法善寺は400年続いていますが、だからと言ってこれから20年後に無事に続いているかは分かりません。特にこういった変化の激しい世の中です。仏教は普遍的なことを説いていますので変えるべきではないところもたくさんありますが、周りの変化に対応できる部分は対応していかないと、どんどん置いていかれてしまいそうです。


変えるべきところ、変えるべきじゃないところ、そこの見極めが企業トップには求められるみたいです。まだひよっこですが、そっちでも頑張っていきます。お寺運営でのトライ&エラーはこのブログで共有していければと思っていますので、お楽しみに。



南無阿弥陀仏

特集記事
最新記事