スイフトに試乗してきました

こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


今日は1月26日、現地時間とは異なりますがコービー・ブライアントがヘリコプターの墜落事故により亡くなってからちょうど1年が経ちました。あれから1年、、、コービーの事以外にも色々ありすぎて、とても長く感じた1年間でした。


当時は突然のこと過ぎて全く信じられませんでしたが、1年経ってもその気持ちはあまり変わっていません。頻繁に会うような間柄ではありませんので(向こうは世界的大スター)当然かもしれませんが、やっぱり実感はありません。それでもこの世にもういない訳で、それを思うと寂しい気持ちになります。


年が明けて1ヶ月ほど経ちますが、やっぱり2020年はなんて年だったんだ!という印象です。確実に忘れられない年になりました。



========================

スイフトに試乗してきました

========================


さて、そんな今日でしたがもちろん平常運転でお届けしております。お昼すぎまでは所要があり、午後から車の試乗に行ってきました。お寺の車を新しいものにするというお話を前からしていましたが、今日は2回目の試乗、スズキのお店に行ってきました。


今日はスイフトのマイルドハイブリッド仕様の車に乗ってきました。私が決めたわけではありませんが、現在のお寺の車もスズキですので、何となく馴染みのあるメーカーです。


スイフトはいわゆるコンパクトカーでして、乗ってみると運転しやすいサイズ感でした。前回のヤリスクロスはコンパクトカーから少し飛び出るくらいのサイズ感でしたが、それだけで全然印象が違いました。昔会社でハイエースを運転したことがありますが、よくもまぁあんなでかい車をあのときは運転できたなと自分で自分を褒めたい気持ちになりました。ちなみにメーター周りも馴染みある顔ぶれという感じです。


スズキは安全性能に力を注いでいるとのことで、今回乗ったスイフトは前を行く車や歩行者に近付き過ぎたりすると警報音がなる仕様でした。正直、私が危険と思う感覚よりも三段階前ぐらいで警報音がなるので、ビックリしました。試乗中にも『え、これで鳴るの?』という場面が2回ほどありました。不要な場合は鳴らない設定にもできるみたいですが、この安全性能が標準装備とのことです。時代ですね。


ハイブリッドでしたが、前回のトヨタ・ヤリスクロスよりもスポーティーとのことで、走りはよりワイルドでした。ヤリスクロスは『飛ぶように走る』と表現しましたが、今回のスイフトは『ゴリゴリ走る』という感じでしょうか。走ってる感はスイフトの方が強くて、あとは好みだと思います。


燃費を比較すると、スイフトはヤリスクロスに比べてリッターで7kmほど悪くなります。車体価格はヤリスクロスの方が高くて、この差をどう見るかですが、燃料補給の手間なども考えると、ヤリスクロスに軍配でしょうか。


全体的な印象としては、お寺の車として考えると長距離で乗ることもありますので、今のところはヤリスクロスの方が良いでしょうか。走る楽しみよりも、疲れない走りを実現してくれる気がします。


と言ってもまだ決定ではありません。他にも興味ある車がありますので、引き続き見ていきます。試乗レポートお楽しみに。

#なんだこのブログ


明日は書道の課題提出が待ち受けています。毎月言ってる気がしますが、頑張って乗り切ります。



南無阿弥陀仏

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。

年間行事のお知らせや、副住職の日記の更新などを​お知らせいたします。ご登録宜しくお願いします。

LINE
法善寺家紋

​浄土真宗東本願寺派

龍飛山法善寺

〒110-0015

東京都台東区東上野6-17-3(MAP)

最寄り駅:東京メトロ銀座線『稲荷町駅』 徒歩5分

       JR『上野駅』入谷口 徒歩7分

電話 :03-3844-7613

FAX  :03-3844-7942

メールinfo@houzenji.org

■お問合せはこちら

© 2020 法善寺 All Rights Reserved