子供に刺激をもらって成長する

3/9のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


ホテル療養から解放されて2日目、すっかり元の生活に戻ってきました。療養中は味気ない冷たいお弁当ばかりだったので(電子レンジはありましたが、ワット数弱すぎて全然温まりませんでした)、あんなものやこんなものが食べたいと思っていましたが、そんな欲もどこかに行ってしまいました。


それにしても、体力が落ちたなと感じます。病み上がりだとか、コロナの後遺症とかじゃなくて、運動どころか、歩くことすらほとんどなかったホテル生活でしたので、その影響です。またジム行ったり、走ったりして体力を付け直そうと思います。やっぱり体が資本です。


========================

子供に刺激をもらって成長する

========================


当然ながら隔離中は子供達にも会えませんでした。ちょこちょこテレビ電話で顔は見ていましたが、昨日帰ってきて久々に会ったらまた成長していて驚きました。


もうすぐ2歳半になる息子は、ますます言葉が達者になっていました。発音がはっきりしてきて、生意気ですがどんどん会話が成立するようになってきました。もう赤ちゃんじゃなくて、子供なんだなーと少し寂しさもありますが、やっぱりコミュニケーションを取れる嬉しさの方が大きいです。


今後の目標は、トイレをマスターすることと、ご飯を1人で食べられるようになることでしょうか。どちらも全く出来ないわけじゃないのですが、独り立ちというには程遠い状況です。3歳までに出来るようになれば、かなり手を離れてくれるはずなので、頑張ってほしいところです。


もうすぐ1歳になる娘は、歩くのがますます上手になっていました。ちょっと小走りするくらいバランスも取れていますし、妻に似て運動神経が良いのかな、と期待してしまいます。ちなみに、もうほとんどハイハイはしません。


言葉の方はまだまだですが、ママやパパらしき発語をするようになったり、こちらが『いないいない〜』と言うと『ばぁ!』と返してくれます。だんだんと理解してきてるんだなーと感動しています。息子のように話すようになれば、どんどんコミュニケーションが取れるようになりますので、楽しみです。


子供の成長は早いですが、時間は誰にでも平等です。もう30も過ぎて子供のような速度での成長は見込めないかもしれませんが、時間を無駄にしないくらいには成長していたいものです。ホテル隔離で充電バッチリですので、エンジン吹かして頑張っていきます。


今日もブログをお読みいただきありがとうございます。子供に成長させられる親でありたいものです。



南無阿弥陀仏

-------------------


www.houzenji.org

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。