top of page

カレンダーの発注完了

7/31のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


7月も最終日となりました。早いもので今年も折り返しかーと思っていたら、とっくに折り返しは過ぎていて、そこからさらに1ヶ月が経っていることに気がつきました。時の流れの速さというのはなんとも恐ろしいものです。


そういえば私も今年で35歳になります。中学校3年生だったのがもう20年前になるわけで、あの頃から何もかも変わったような、何にも変わっていないような。次の20年後は55歳になるわけですが、その年を迎えられている方々には申し訳ないのですが、考えるだけで恐ろしいです。まずはとりあえず、引き続き、頑張って1日1日を大切に生きていこうと思います。


================

カレンダーの発注完了

================


法善寺では毎年、『野仏カレンダー』という版画のカレンダーを制作しています。父の友人でもあり、僧侶でもあり、版画家でもあった谷内正遠氏の作品をあしらった壁掛けカレンダーでして、おかげさまで全国のお寺さんにお送りできています。実は谷内氏は昨年お亡くなりになってしまったのですが、ご遺族の方々のご協力により、今後もカレンダー制作を続けられることとなりました。本当に感謝です。


カレンダーの制作は、早ければ一年以上前から取り組む会社さんもあるそうですが、法善寺の場合は大体6〜7月くらいから制作を開始しています。そして7月中に一通りのご注文を承りましたので、本日、製本業者さんに発注をさせていただきました。法善寺の会報誌『家庭通信』の入稿の時にも思いますが、印刷物というのはホームページなんかと違い、印刷したら最後で修正する事ができませんので、緊張します。何度も見直したので大丈夫だとは思いますが、それでも、緊張します。

#同じことを2回言いました


ちなみにここまでに、印刷業者さんから上がってきた色校正を2回ほどチェックさせていただきました。出来るだけ原画の色そのままを出せるように要望をお伝えし、かなり近づけていただけました。そもそも印刷される紙が原画と違う色なので難しいみたいですが、本当にご苦労されたみたいで、ありがたい限りです。


製本されて上がってくるのは、9月末頃でしょうか。またそのタイミングでブログにも載せていこうかと思っています。多くの大人の血と汗と涙が詰まった作品を、ぜひご覧いただければ幸いでございます。


今日もブログをお読みいただきありがとうございます。久々のイラレ作業は楽しくもありました。



南無阿弥陀仏

-------------------------------------------------------------


www.houzenji.org

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。