お盆明けの月曜日

7/19のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


お盆が明けて初めての月曜日でした。ゆっくりした時間が流れるかと思いきや、珍しくアポイントが多く入って1日となりました。


お寺では土日に法事が入って忙しくなることが多く、その翌日の月曜日はスローな日になりそうなものですが、意外とそうはなりません。むしろ世間一般的には休み明けの日となりますので、それなりにバタバタすることがあります。今日は正にそんな1日でした。


そんなことを書きながら思ったのですが、今日は祝日だったんでしょうか?もう間もなく今日は過ぎ去ってしまいますが、誰か教えてください。

#今年の暦は複雑すぎる


===========

今日のお仕事 ===========


さて、そんな今日ですが、法善寺としての仕事以外にも、カレンダーと声明学園の仕事もこなしました。


カレンダーは昨日が申込みの締め切りとさせて頂いていて、その数を取りまとめたりしました。また、肝心のカレンダー自体の制作も進めていて、今は印刷会社と色校正を行っています。原版と見比べながら、ここはもう少し明るく、とか、ここはもう少しパキッと、とか注文を出しています。谷内さんが作られた原版では、割と蛍光色が使われていたりするのですが、そこを完全に再現するのは難しいそうです。ただそれでも、出来る限りの努力を、印刷会社さんにもしていただく予定です。

#いつか原画展とかやってみたい


今後の予定としては、色校正は今日で終わりで、今月中に最終的な数量を確定させて発注をかけます。出来上がりは8月中でしょうか。ただしその時点では全数ではなく、早めの納品をご希望の寺院向けに少数を先に刷ってもらいます。寺院によって納品希望時期が異なりますので、納品されてからは徐々に出荷していきます。今年も素敵な出来上がりになりそうなので、皆さんにお届けするのが今から楽しみです。


そしてもう一つの仕事、声明学園ですが、今週木曜日の卒業式・修了式に向けての準備をしていました。先週の内に、皆勤賞(無欠席)と精勤賞(欠席3回以内)の粗品は準備し終わっていたので、今日は各賞の表彰状なんかを準備しました。


去年の表彰状なんかを見てみるととても殺風景なデザインになっていましたので、今年は何か素敵なデザインを加えたいなと思っていました。そんな思いで参考になりそうなデザインをネットで探していたのですが、表彰状で変にオリジナリティを出そうとすると安っぽくなる(嘘っぽくなる)という結論が自分の中で導き出されましたので、いわゆる典型的な表彰状のデザイン(金の鳳凰が舞ってるみたいなやつ)に落ち着きました。


デザインは出来上がったのですが、肝心の紙が法善寺に今あるやつだと薄くて表彰状向きではなかったので、アマゾンで特厚の紙をぽちりました。明後日届くみたいなので、これ以降の作業は明後日以降に仕上げていきます。


ちなみに、卒業式・修了式と言いましたが、当日はただ式をやって終わりではなく、その前に勤行があります。卒業を控える2年生を中心とし、1年生や場合によっては研修科の生徒も手伝って行います。差定は報恩講を想定としてもので、正信偈(真四句目下)、五淘念仏讃六首引、回向となります。私も入内する予定ですので、間違いないようきちんと準備していきます。


そんなこんなで、割とバタバタとして月曜日でした。明日もバタバタしそうですが、明後日の朝はジムに行けそうです。今週から久々のジム活スタートしていけるのが楽しみです。


日に日に暑さが増していきますが、皆様におかれましてもご無事でお過ごしください。



南無阿弥陀仏

新型コロナウイルスでお困りの方へ

『法善寺の輪』はこちら

 →https://www.houzenji.org/houzenji-no-wa


法善寺の檀家になってくださる方はこちら

 →https://www.houzenji.org/danka

特集記事
最新記事