お寺見学させていただきました。

こんばんは。

法善寺副住職の中山龍之介です。

本日は午後に、とあるお寺の見学に行ってきました。法善寺の庫裡の建替えを検討していると前々から申し上げていますが、その参考とさせていただけそうなお寺に行ってまいりました。

敢えて名前は伏せますが、真言宗のお寺さんで、駐車場やお庭が広く、とても手入れが行き届いた清潔感のあるお寺でした。建物の中もとても素敵で、庫裡を建て替えてから法事が増えたと仰っていたのも納得です。

ありがたいことに、初見の我々に、本当に隅から隅まで見させていただいたのですが、1番驚いたのがお寺のスペースのすぐ裏に住居スペースがあったことです。法善寺で言えば1階がお寺、2階が住居と階ごとに別れているのですが、今日のお寺は違いました。もちろん障子などで上手く隠されているのですが、お寺の玄関のすぐ近くにリビングや寝室がありました。私の発想には無い構造だったのですが、その方が来客に対応しやすいとのことで、目からウロコでした。確かに現在の法善寺では、ピンポンが鳴っても出るまでに時間がかかってお待たせしてしまうことがあります。私達がお寺で過ごす時間というのはとても長いわけですから、そういう細かい動線への気配りがとても大切だと気付かされました。

私は今はお寺に住んではいませんが、建て替えたらもちろんお寺に住むことになり、そこからは引っ越すことはありません。毎日の生活の事ですので、『まぁこれくらいはいいか』と妥協することなく、考え抜いて結論を出さないといけないと思いました。

未来のお寺に期待に胸を膨らませて、寝ます。笑

おやすみなさい。

南無阿弥陀仏

特集記事
最新記事